ブログ

ひな人形 

もちづき荘では、3月3日の「ひな祭り」に因んでひな人形の飾り付けを行いました。

「ひな祭り」とは3月上旬の巳の日に災いを人形に移して厄払いする”上巳節”と人形を使ったおままごと”ひいな遊び”が結びつき、3月3日にひな人形を飾って女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」に発展しました。江戸幕府により定められた五節句の一つで「上巳の節句」と言い、ちょうど桃の季節でもあったことや、桃には邪気払いの力があると信じられていたことから「桃の節句」とも言うそうです。

また、桃は不老長寿を与える植物とされており百歳(ももとせ)まで長生きできるよう桃の節句には桃花酒を飲む風習があったそうです。
「もちづき荘の温泉で身体を癒し、郷土料理で心を楽しむ!!」こちらもまた長寿の秘訣かもしれませんね(笑)

3月3日は女の子のみならず、全ての人々の幸せを願う節目の日であることがわかります。春という季節を寿ぎながら、健康で幸せな日々が末長く続くこと春日温泉よりお祈り申し上げます。

IMG_8996_R.jpg
(昼の部)

IMG_9004_R.jpg
(夜の部) 

 昼と夜では、また違った風情がありますね (^-^)