ブログ

宴会看板のお名前書き

フロント担当 小林です。

"これだけは若造には任せられない!" といった昔からの伝統のようなもの ・・・ありませんか?

もちづき荘では「宴会看板のお名前書き」がそれにあたります。

宴会場に掲げられる案内看板。その看板書きは昔から支配人の仕事と決まっています。

kanban

お客様のお名前を、白墨を溶いた顔料を毛筆を使い、" ひと筆 ひと筆" 心を込めて。

"これだけは若造には任せられない!"
本日も"筆"を走らせる支配人の顔には、そう書いてあるような気がします。

"筆" といえば・・・。

もちづき荘の在る佐久市の望月地方は「現代書道の父」と呼ばれる比田井天来生誕の地。
書道とは縁のある地と言えます。

日本で初の書道博物館である「天来記念館」はもちづき荘から車で10分程度。
興味のある方は是非お立ち寄りください。

佐久市ホームページ「天来記念館」紹介ページ

Wikipedia「比田井天来」

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ